川越 椿の蔵

ブログ

日本の伝統的な色

こんばんは。

椿の蔵二階岩座川越店の谷津です。

皆様は日本の伝統的な色をご存知でしょうか。

有名な色は「朱色」「あずき色」「藍色」「山吹色」など
その他にも沢山ごさいます。

今回はその中でも「ジャパンブルー」と呼ばれる「藍色」について
ご紹介させて頂きます。

よく耳にする藍染とは、藍を染料として用いた染物で
主にハンカチや手ぬぐいなど布製のものによく使われます。

その歴史は古く、江戸時代に盛んに行われました。

IMG_1948[1]

当店にも藍染め商品が多数ございます。

手ぬぐいやハンカチをはじめ、扇子、石鹸、がま口など。

IMG_1950[1]

雑貨だけでなく、藍染紐腕輪もございます。

IMG_1951[1]

こちらは日本の木、檜を藍に染めた珍しい一品。
一つ一つ表情がとても豊かです。

天然の藍を使い、徳島の工房で染めて頂いております。

古くから藍色には魔除け、厄除けの力があるとされ
日本人が誇る色の一つとなっております。

この機会に是非、伝統色を身に纏ってみませんか。